先輩起業家からのメッセージ

今回、ARA-CON2016の審査員も務める
女性起業家の先輩からメッセージをいただきました

甲田 恵子氏

株式会社AsMama
代表取締役社長

甲田 恵子氏

 

【プロフィール】

1975年大阪生まれ。

米国留学を経て関西外国語大学卒業後、環境事業団にて役員秘書と国際協力室を併任。

2000年ニフティ株式会社に転職し、海外事業の立ち上げに従事。在職時にはビジネスモデル特許を8件発案。

2005年同社在籍中に長女を出産。復職後は上場・IRの主担当を拝命。

その後、ベンチャー投資会社ngigroup株式会社にて広報・IR室長に就任。

会社都合で2009年に同社を退社。

2009年11月株式会社AsMamaを設立し代表取締役社長(現任)。

苦手なもの、「暇」。


【ARA-CON2016に臨む方へメッセージ】

私たちAsMamaは、誰もが頼れたり頼られたりすることで、仕事も育児もやりたいことが出来る!そんな社会を創ろうとしています。

そのために、全国で地域交流の場創りとして、1時間ワンコイン程度(500円~700円)のネットの仕組み『子育てシェア(登録料・手数料無料。日本初、全支援者に保険を自動適用)』を、知人間共助のインフラとして普及すべく取り組んでいます。

利用者からはお金を取らず、多企業多団体と連携し、子育て世帯への広報ニーズや、コミュニティの価値向上・課題解決ニーズを支援することで企業から事業収益を得ています。

しかし、創業時、「利用者からはお金を取らず、知人間共助のインフラを創る!」と言い出した私を、周囲は大丈夫なのかと大変心配してくれました。

今も審査員という立派な席に座らせて頂きながら、日々暗中模索です。でも、起業というのは世の中の不便を便利にするために、世の中をもっと面白くするために、誰もが平等に与えられた人生のビッグチャレンジです。

時間をかけてじっくりと考えて、実現性を高めたら、あとは声高らかに共感者を集め、やり続ける、辞めない、それだけです。

それだけで、毎日が新しい出会いと新しい可能性に満ちた人生になります。

チャレンジしない手はないと思いませんか。


近藤 洋子氏

一般社団法人日本女性起業家支援協会代表理事
株式会社SoboMago代表取締役

近藤 洋子氏

 

【プロフィール】

FMラジオのDJ等、喋りのキャリアは約15年。
各分野のカリスマへのインタビューは延べ4,000人超。

TV通販では家電ナビゲーターとして1日で1億円超の売り上げを記録。

「15秒で相手の心をつかみ、1分で売れる!」セルフプロモーションの専門家として、これまでに延べ300人以上の女性起業家たちに個別レッスン、セミナーを開催。

現在は、これからの女性の働き方・生き方の概念を変えるべく「日本ママ起業家大学」を運営。

「日本ママ起業家大学」の卒業生は延べ約100名。家庭や子供など、人生において、大切にしたいことを守りながら働ける現代の“女性の起業”を体現していくことに力を注いでいる。

プライベートでは、女児の母。働くママの会員制のコミュニティ
”Dear.Tomorrow Family”の副代表も務めている。


【ARA-CON2016に臨む方へメッセージ】

このコンテストにエントリーしようと考えているあなたには、“人生をかけて成し遂げたい志”があるのだと思います。私自身もまだまだ道半ばです。

しかし、一度限りの人生で大切にしたいと一貫して想い続けていることは、“何を”ではなく、“どう生きるのか”ということです。

起業をするきっかけは千差万別ですが、これまでの人生の中で、飛び上がるほどに嬉しいことがあったり、明日なんて来ないのでは?と思ってしまうほど辛く哀しいことがあったりと、“人生が動く”ようなきっかけがあったからだと思います。
そしてそのような様々な経験の中から「世の中を幸せにする」ために、今の事業が生まれたのではないでしょうか。

誰かと比較することの出来ない“あなただけ”のその強い想いと志は、きっと水面に映る波紋のように多くの方の心を動かすパワーを持っているはずです。
あなたの志は?そして、その志の源泉はなんですか?

ファイナル当日は、そんなあなたの本気の想いを会場の皆さんと一緒に触れられることを期待しています。

そして、数年後、振り返った時に、今回のコンテストがきっかけで、“人生が動いた”、そんな風に思える一日になる事を願っています。

心からお会いできることを楽しみにしています。

 

ページの上へ